クリス・ジュードマン

クリス・ジュードマン Chris Juedemann

幼少時代をノースカロライナ西部の山々の中で、森、空、山の文化に囲まれて多くの時間を過ごした彼のキャリアは、大きなアリーナショー設営のクルーの手配や、コンピューターシステム管理、皿洗い、光ファイバーの設置、コウモリハウスの作成、モーグ社テルミンの回路基板の組立だった。

1993年、ガラスにずっと魅せられていたことから、ステンドグラスを作り販売を始める。彼のステンドグラスのパネルは他のものとは違っており、革新的な題材、はんだの線と色を使ってステンドグラスを真のアートにした。年を追って彼のステンドグラスは南西部の多くのギャラリーに置かれ、収集家に求められている。

2002年、コンピューターと企業世界に飽き飽きし、ガラスの世界に飛び込む。現在はバーナーを使って新境地を探索し、既存の境界を推し進め、彼のアートに新たな境界線をもたらしている。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

2