スコット・パーニカ

スコット・パーニカ Scott Pernicka

美しい色彩を用いて立体的な表現を行うには、どうすればよいか美術だけでなく科学にも興味を持ち考えていました。
ガラス職人の作品は、私の求める芸術の答えとなり1998年より制作を開始しました。
球体の中を渦巻く模様は、観る人を作品の世界へと導いてくれるように思います。球体のガラスとそれに差し込む光の作用を研究し、深みのある視覚を楽しんでいただけるよう制作に励んでいます。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

3